bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お米を食べて生きてきた日本

日本辞典

お米を食べて生きてきた日本
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

日本のお米の歴史を時系列にまとめてみた

飛鳥

701年大宝律令(たいほうりつりょう)下での班田収授法(はんでんしゅうじゅほう)

6年ごとに戸籍を作り6歳以上の男女に口分田(※)を分け与え課税した。

※民衆へ一律に支給された農地のこと。

6歳以上の男子には2段(約2400平方メートル)、女子にはその3分の2の田を与えた。

奈良

743年墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいほう)

開墾田(かいこんでん)の私有を認める。

つまり、個人が新たに開墾した田を永久に所有できる。

この結果、土地の国有化が崩れ、荘園(税を免れた私的所有地)が広まっていく。

1582年太閤検地(たいこうけんち)

豊臣秀吉が全国の土地、収穫量、年貢量などを定めて記録(石高制)

江戸

・17世紀以降 新田の開発

新田(しんでん)とは、特に江戸時代に新たに開墾された農地(田・畑)のこと。

江戸の人口増加に伴い、江戸幕府や藩は開墾をすすめ、新田を増やして米の収穫量の増加をはかった。

人糞や海産物の肥料が使われはじめた。

・1669年 ますの統一

江戸幕府は、1升ますの容積を1.804リットルに統一

・1730年堂島米会所開設

米相場(米の先物相場)として開設

相対取引はできず、米会所を通じて、期限日(納会日)前に自由に反対売買ができる。

世界初の商品先物取引の始まり。

米は流通貨幣の役割も果たす。

明治時代以降の日本のお米の歴史

明治

1873年 地租改正(ちそかいせい)

明治政府は、税を米からお金に変えて、地租を地価(土地の租税)の100分の3とした。

大正

1918年 米騒動(こめそうどう)

富山県で、米の値上がりに対しての暴動が起こり、全国に広がった。

昭和

1942年 食糧管理法(しょくりょうかんりほう)

戦争のため食糧不足になり、米などを国家管理にした。

農家は米を差し出し、人びとは配給を受けた。

平成

1995年 食糧法(しょくりょうほう)

米(こめ)が「自主流通米」中心の流れに変わった。

2001年 新しい品質表示制度

消費者のために米の表示がわかりやすくなった。

2010年 米トレーサビリティ法

取引の記録の作成・保存や産地情報の伝達が義務付けられた。

2017年 80年ぶりコメ先物上場申請予定

米粉パン

米粉パン

お米の研ぎ方

お米の炊き方

自衛隊ほかほかご飯

お米の保存方法

その他のメディア



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録