bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本の自由奔放な性~各地に残る男性器の祭り!

日本辞典

日本の自由奔放な性~各地に残る男性器の祭り!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

今日は友人に誘われて、阿見町福田の馬鹿祭りを見学してきました。旧暦11月15日から16日にかけて行われる収穫感謝祭の一種で、地内の鹿島神社で江戸時代から続く「性器を崇拝し祀る」ことにより多産と豊穣を祈願する奇祭として知られ、祭りの奇抜さから「馬鹿祭り」の名称で知られています。

出典 http://blogos.com

神奈川県川崎市の金山神社(川崎区大師河原・若宮八幡宮境内)の例祭「かなまら祭」がにぎやかに催され、男根をかたどった3基の神輿が京浜急行川崎大師駅前や参道の商店街を練り歩いた。

出典 http://gendai.ismedia.jp

男性器の崇拝?

古代から続く性器崇拝の祭りなどが日本全国にある。

男性器に似た自然石、樹木などを御神体として祀ったりするもの。

直接的には、縁結びや子宝を願うものであったりするものだが、穀物の神からの教えであったり、故事に基づいた神事だったりする。


農業を基幹としてきた日本では、五穀豊穣というものが最大の関心事であり、女性を田畑に見立て、男性が種付けをすることで、穀物の豊かな実りを祈った。

それが豊年祭などと言われるもの。

この文化や奔放な性のメンタリティの延長で、サブカルチャーの世界で問題になることも多いが、古来からのこのような五穀豊穣を祈ったり祝ったりするものとも関連する日本人の性の開放さには、本来、陰湿さはみじんもない。




下半身の神様?

金山神社のかなまら祭り

男性器をかたどった木彫りの神輿をさすったり、またがったり、頬ずりする外国の女性もいるとか。

日本には女陰型のご神体もある?

奇祭

あなたの知らない日本がここに!全国の不思議な祭りを巡る「大人の探検 奇祭」7月30日発売!|有楽出版社のプレスリリース

出典 http://prtimes.jp

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法