bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

なぜ争いを避けることが大事になってるの?

日本なぜなぜ

なぜ争いを避けることが大事になってるの?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

人と対峙しない

一般的に、日本人は争いを避けることに主眼に置いている。

ここで言う対峙しないとか争わないというのは、争いというものを、穢れた災いと感覚的に思う日本人が、避けることにフォーカスして話している。

日本人は世界一のクレーマー大国と言われるが、大きな声を出すクレーマーは、相手を思い通りにしたいハッタリが多く、前提として力の差がある場合か試している段階。

相手と自分にあきらかに差があって、自分が劣っている、負けているとわかっている時は、信念に従ってまで無理はしない。


直接文句を言わなかったり、他人を利用したり、解決せずに、避けるだけのような心理になるのは、日本人に多い。

怨念を生むからという深層心理もある。


日本以外では、特に人間関係のトラブルが起こると、対象が会社の上司であれ、配偶者であれ、ストレートに対峙(向き合って対立)しようとする。

職場の場合、出世にこだわれば上司や先輩と対峙したくない。

出世に興味なくても、いじめや孤立やハラスメントには耐えられないため、争いたくはない。

離婚危機を迎えそうな夫婦の場合、対峙、つまり、裁判で徹底的に争うのは、お互い傷つき、忙しいのもあって、好ましくないと思っている。だから調停が多い。

力関係が拮抗してない限り、どちらかが目を合わせなかったり、話を切ろうとする。

だから、お互い空気のように過ごす夫婦もいる。

お互い向き合って話し合いを突き詰めていったら、一緒にいる理由がなくなるため、突き詰めない夫婦はことさら多い。

落としどころを探るのは良いが、それは争っている者同士の話。

初めから避けている。

平和主義者だからではない

武器持ってのドンパチの戦争だけが嫌いなのではなく、日常的に言い争いはいけないこと、大人げないこと、無視して避けることをしようと、ブレーキをかける。

つまり、平和主義者だから、争いが嫌いなどではない。

言い争いレベルでもケガレている肌感覚を持っているということ。

争いを避ける価値観は、問題の根本を解決する価値観に勝っている。

言い争いが苦手

職場で、部下や後輩にコミュニケーションの必要性を説いても、自分と家族や親族との間では苦手だったりするもの。

そのコミュニケーションは、最初から最後まで争わない掟のような定義になっている。

怒鳴りあいした者同士が今では仕事上のいいパートナーやプライベートな親友にまでなるというストーリーは想定していない。

仕事上、同じ高見を目指して、同じ志でベクトルが同じ方向を向いているなら、仕事上の方針ややり方でぶつかっても構わないはず。

一度トラブルになると決裂し、人格否定までしてしまうのは、言い争いに慣れていないから。

だから苦手意識を持つ。

良くないことの一つが争いそのもの。

ディベートも苦手

日本人は言い争いという和を乱す穢れをしないし、してこなかったし、周りにさせたくもない。

学校で教育としても一般的には行わない。教育者もしてはいけないとなんとなく思っている。

だからといっては飛躍しすぎるが、最後には手や足が出てしまう。

たとえ、展開する話が間違っていても、論理的な理詰めで打ち負かす能力というのは、ビジネスの世界で鍛えられるまで待たないといけない。

得意の話し合い絶対主義のはずが、実は根拠もなく苦手ということ。

仕事の優先度は謝ることであって争うことではない?

顧客やメディアとのトラブルが発生したとして、自分は悪くなくて、納得していなくても、「謝ることが優先」してしまう。

一見、それがうまくやり過ごす秘訣のように心地よく聞こえるが、自分の社員の名誉や尊厳に及ぶようなことがあった時くらい、争って守ってやることは必要だが、多くの場合、そうはならない。

「とにかく誤っておけ」

相手の怒りが収まること、それ以上穢れた状態が続かないことが絶対条件。

相手にせずに、相手の戦略に乗らないようにするのはアリだが、尊厳や命に関わることは、毅然と対処することが大事。

争わずして勝ちたい心理

・対峙するとぶつかる。
・ぶつかると禍根が残る。
・争うことはケガレだから周囲から嫌われる。
・出世争いも世間に分からないように勝つことが求められる。
・公然で衝突しない形で勝ちたい
・睨みを利かせて相手が降参することを臨む

共通するのは、すべて相手と直接対峙することを避けたもの。

ストレートに口で罵ったり、怒鳴り合いしたり、手を出したりすることは少ない。

それでうまく交わす術(すべ)は身につくかもしれない。

どういう時に争うの?

2つの勢力、あるいは、2人の間に力の差がある時に人は闘いや、いじめや、ハラスメントをしてします。

力が拮抗していれば争いが始まる。あるいは、けん制しあってストレスになる。

いじめられなくなった興味深い理由がいくつかある。

・いじめられていた人が筋骨隆々になった。

・いじめられていた人が口で言い返すようになり、手を出すとやっかいと思われるようになった。

・いじめられていた人が体育会系の部活に入部して先輩が守ってくれるようになった。

・いじめていた人間が、いじめられていた人間と同じ環境になった。
(貧しくなった、障害を持った、同じ家庭環境になった、同じ病気になった。。。)

・いじめられていた人が出世した。

・いじめられていた人が対外的に評価された。有名人になった。


人は力関係に敏感で、単純で、分かりやすい生き物。

権威や力やメジャーな存在に弱く、媚びる。

その他のメディア




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!