bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コミュニケーション能力って何?

日本なぜなぜ

コミュニケーション能力って何?
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

「スクールカーストの基準になるのは、『コミュニケーション能力』です。しかし、ひと口に『コミュニケーション能力』といっても、そこには『自己主張力』や『共感力』、『同調力』の異なる3つの要素があるのです」
一般に「コミュニケーション能力」というと、欧米的な「プレゼン力」「ディベート力」「交渉力」などがイメージされる。これらは「自己主張力」であり、就職活動などで重要視されると考えられがちだ。

出典 http://www.excite.co.jp

コミュニケーション能力とは

日本でのコミュニケーション能力は、教官力や同調力。あるいは調整力だったりする。

これは、みな目指せると思うが、色の無い、個性の無いものが間に入って行うこれらのものばかり鍛えても頼りない。

日本人らしさや日本人のよさを失わずに、でも、トラブルやストレスの対象に対して対峙することに、慣れる必要がある。

政治やビジネスの世界での外交交渉も、サッカーという競技においても、あと一つ何か鍛えるにはどうしたらいいかといえば、チーム競技であれ、個人競技であれ、相手と対峙することに慣れること。

散々対峙してやりあうから、試合終了後は、ラグビーで言うノーサイドの精神が尊重される。

そもそも対峙することに慣れるとは、コミュニケーション能力を高めることにもなる。

時には、代表としてリーダーとして闘う、あるいは、トラブル覚悟で交渉する勇気も必要。


コミュニケーション能力とは、何も争わずに仲良くやることではない。

話を突き詰めないなら、争いは起きないかもしれないが、積極的に仲がいいわけではない。

コミュニケーション能力が高い人は、壮絶な怒鳴り合いや確執を経て、うまく尊重し合う関係になることを知っていて、それらを決して避けない人。

人に合わせるだけがコミュニケーションじゃないのに

特に、部下や後輩、上司や先輩の関係において、争いを避けることだけフォーカスして、付和雷同し、迎合するのでなく、相手の意見を尊重しつつも、是々非々で言うべき意見を言う怖さを乗り越えて、いい意味でぶつかる、つまり対峙することができる人。

職場でも家庭でも一般的なコミュニケーション能力というのは、ただトラブルを起こさず、見かけだけでもうまくいってると装うこと。話を合わせ、申し合わせて、同じ考えとして一致していることを装うことだったりする。

実際、上司も周辺も、争うトラブルさえなければ、お互いコミュニケーションが取れていると世間が錯覚する。

どうせ考えを無理に合わせないといけないと思うから、議論も会議も苦手になる。

保身のコミュニケーション

ただ争いを避け、問題があってもその解消にはあまり繋がらない対応をし、棚上げにして避けるだけ、自分が嫌われたくない保身的なだけのゆるーい対応、だったりする。

あるいは、力や恫喝でトラブルを抑えこむ、つまり、言うこと聞かせるという一方的なコミュニケーションで、ただ平静を保たせる能力だったりする。

長年会社にいる先輩や上司だから、みんな言うことを聞くだけなのに、自分が統制を取っていると勘違いし、コミュニケーションはうまく行ってると思っている人も多い。

転職時、以前の会社では50人の部下を率いていたと自慢する管理職の人がいたりする。それは、言うことを聞くメンバの集まりという前提があるだけ。

コミュニケーション能力のある人なら、ゼロからの付き合いでも、仲間に信頼されるものであり、リーダーとして務まることもありうる。

お互いの能動的な努力を積み重ねてコミュニケーションを高めているもの。

そういうわけで、争いやぶつかり合いを経ずに、表面的な静けさだけで、建設的な意見も出せない者同士であれば、本当に仲の良い者同士になることは難しい。

ほんとにコミュニケーション不足?

コミュニケーションを行う機会が不足しているのではなく、言い争いが不足しているだけ。

会議や見せかけの親睦を行っているからこそ、何も生れない。

お互いが仕事を思って、議論が白熱すること自体はもっと歓迎されてもいい。

ぶつかるのもコミュニケーション

夫婦においても、職場と同様、もっとストレートに対峙すべき。

職場では、自分の価値観に合わなければ、立場に依るが、

  自ら退社する。
  
  雇用側として、問題の社員をクビにする。

家庭においては、

  離婚する。
  
  別居する、・・・

となってしまうが、しょうがない。

職場で、トラブルはないけど、発展性もなく、建設的でもない関係を我慢して続け、疑問をいだき、事なかれ主義を生涯を貫くのは犠牲が多い。

その結果、かなり多くの鬱屈したものを貯め込み、精神い異常をきたす。

体に支障をきたし、うつ病になったり、自殺したり、あるいは、事件を起こしたりする原因に、こうして避けてきたために高まらなかったコミュニケーション能力や、鬱屈した我慢が考えられる。

相性が合う者同士が出会うまで、物事にストレートに対峙する努力をしてきた方が健全なのかもしれない。

何も起こさなければ、何も起きない。でも、何も始まらない。

波風は、勝負する時には起こしてみるというのも手。

まさか、離婚率や就職率、離職率を意識して、争いを避けるわけではないだろうが、結果的に「無いこと、低いこと」に貢献していることになる。死に体であっても。

離婚も増えてきた。

離婚率は、1960年時点と比べると、2000年以降、4倍以上となっているが、正直に向き合っているからそうなったものもあると思われる。


争いやトラブルを生まないことがコミュニケーションと思われているが、それらを乗り越える能力をつけることも大事。

その他のメディア




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!