bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本人がやりそうなくせや特徴その2

日本辞典

日本人がやりそうなくせや特徴その2
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

マスクするのが好き

マスク

花粉症患者や、鼻炎など鼻に異常のある日本人は多い。

2月や3月の日本の都会で見る白いマスク姿に異様さを感じる外国人は多い。

日本人同士だと、目の前でくしゃみされるのをいやがる。

むしろ、マスクをしていることは、清潔感があるとお互い歓迎する。

風引いている場合も含めて、マスクするのがエチケットという雰囲気。

握手が苦手・嫌い

握手

日本には、本来、握手の習慣はない。

少なくとも一般的ではない。

背景には、清潔好きで、ケガレ意識がある。

肌を触れ合わせることはせずに、程(ほど:許される範囲)を保つことを礼儀とする。

近年、ハグは問題なくできるようになった日本人は多い。

ただし、水着の状態ではできない人がほとんど。

フランスの挨拶のビズ(bise)などというのは、とんでもない。

お互いのほっぺを軽く合わせて、口で「チュッ」と音を立てるだけ。

ビズ(bise)

ビズ(bise)

犬が好き

犬好きの人の方が、猫好きの人よりも多い。

統計上は、犬を飼っている世帯の方が、猫を飼っているせたいよりも若干多い。

犬とのふれあいを描いた映画は多い。

猫が登場する映画も当然多いのですが、多くの日本人は犬に感動する。

犬を扱った映画

南極物語(1983年)
ドン松五郎の生活(1986年)
ハチ公物語(1987年)
わさお(2011年)
里見八犬伝(1983年)

犬も猫も人類とともに一緒に暮らしてきた身近な動物。

日本人が、犬がとりわけ好きな理由の一つに飼い主に忠実であるという点。

共通の話題でみんなが盛り上がる

宴会

飲み会などで、盛り上がっている話題を共有しているもの同士が、自分たちしか知らない話題で盛り上がる。

その輪に入れない人よりも、共鳴・共感しあう人同士と過ごすことが心地良いかのよう。

その輪に入りたいと強く思う心理になる日本人は多い。

疎外感を感じる人や、合わせることが煩わしい人には、知らないと面白くなく、分からない話題を、いつまでも盛り上がることに戸惑いを感じる。

まるで「みんなで話題を合わせるゲーム」のよう。

海外の人も何かルールでもあるのかと思う。

日本人同士のコミュニティに馴染めない人がいるとしたら、
それは、

話が面白くなくてもOK、黙っててもOKという気楽さになれない。

まさに気後れしている気になり、好きな話題を口にする自由さも感じない。

和の中は心地よくても、時に壁を作りがち。

仲間うちでない部外者を生み出す。

そこには息苦しさも存在する。

2番手から追いつくのは得意

キャッチアップは得意。でも、追い越したら油断してしまう。

先行する車に追いつきたい心理も同じ。

置いて行かれることに恐怖や寂しさを覚える心理もある。

明確な目標を持つことに対しても相対的。

つまり、ビジュアル的に前に見える相手あっての競争。

前方に競争相手がいるとモチベーションが維持でき、努力する理由が見つかる。

先頭に立つとビジュアル的な目標が見えなくなる。しかも前しか見続けない。

後ろに見えない敵がいる場合や、自分の中に敵がいる場合は、チャンピオンやトップであり続けることが苦手。

プロジェクトの成果はみんなのものという意識

特定の一人の手柄というのは抵抗がある。

結果的にみんなで勝ち取ったことに喜びを感じる。

個人にスポットライトを浴びる時代にはなった。

欧米では、創造力や最初のたたき台は個人レベルからしか生まれない概念があり、日本人はアイデアでさえ最初からみんなで考え出そうとする

お酒に溺れることに寛容

酒ハラ酒の強要

日本では、公共の場での酔っぱらいに違和感もなく、目くじらを立てることもなく、法的に規制されてない。

お酒はコミュニケーションに必要であり、人に飲ませることを強要することもある。

最近の若者は、上司との付き合いのお酒も、残業代が出るのか平気で聞くほど割り切っているが。

とにかく、欧米では、プライベート空間では自由だが、公共ではお酒に厳しいということ。

みんなに役割分担させようとする

一般的に、会議における議長や書紀、自治会や保護者会の役員などは、ローテーションによってできるだけ、全員に分担させて、参加させようとする。

平準化とか、均す(ならす)というのが好きなことと関係する。

特定の一人が独裁を行なうことに抵抗ある

みんなで横並びで行動するのが好きな日本人。

独裁者を極端に嫌う。

たとえボスを据えたとしても、それはお飾りや形だけ、という場合。

責任の所在がはっきりしない

全員が責任を負う覚悟はあっても、誰か一人に特定させない心理が働く。

「手柄は個人、責任も個人」ではなく、「手柄も責任もみんな」という傾向が強い。

一人ひとりが責任を感じて反省するのが日本人。

でも、官僚機構では、責任がうやむやになるケースもある。

名前を呼び合う夫婦は多くない

子供の前では、相手のことを、「お父さん」、「お母さん」、「ママ」、「パパ」と呼ぶ夫婦は多い。
自分の父や母を呼ぶ時と同じ言葉。

第三者に対して、夫が妻のことを言う時、「つま」、「よめ」、「うちのやつ」などと言い、妻が夫のことを言う時、「おっと」、「しゅじん」、「だんな」などと表現するが、ファーストネームではあまり呼ばない。

社長の苗字や名前を呼ばない

社長に対しては、「シャチョウ」と呼び、専務や部長に対しては、「センム」「ブチョウ」と呼ぶ。

名前を呼んだり使うことは失礼にあたる。

鈴木社長に対して、「鈴木社長」とは呼んでも、「鈴木さん」とは呼ばない。

天皇陛下におかれても、在命中は「てんのうへいか」とか「へいか」と言う。

この世で一人であるため。

昭和天皇などの諡号(しごう)は崩御後に贈られるものだから。

昭和

その他のメディア


今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?