bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

サッカーと野球のなぜなぜ分析

日本なぜなぜ

サッカーと野球のなぜなぜ分析
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

みんなで取ったゴール だけ が好き

サッカーみんなで撮ったゴール

野球は日本の文化とも言えるが、残念ながらサッカーは文化とまではなっていない。

和の精神が育んできたものとそうでないものの違いだ。

繋いで繋いで点を取る。

決めたのは自分ひとりだけじゃない、みんなで勝ったんだというのが日本人は好き。

壁パスや空いたスペースを使ったり、ゴールの確率の高い有利な選手へのパスなどは、もちろん正解。

しかし、最後まで自分一人で決めることの後ろめたさから来る他の選手へのパスなどがたまに見受けられ、残念に思う人がいる。

「結果的にみんなで取ったゴールですね~」という解説に皆うっとりする。

野球はその意識でもいいけど、サッカーは、戦術が通用しなくても、いい意味で個人レベルで展開を変えられるスポーツ。

1人で5人抜きなんていうのは、日本の場合、歓喜した後、これでいいのか疑問がよぎるかも。

ストライカーで、ペナルティエリア内だったら、エゴイストでOKという意見に抵抗を持つ。

エゴイストはダメな文化

サッカーおれだおれだー

「オレがオレが」というエゴイストになってもらわなければ困る。

元々エゴイストで個性の強い連中がいて、初めて、その次に調和とか連携とかが意識され、課題となる。

最初から調和が取れているけど、メリハリのないのが日本の世の常。

例えていえば、オーケストラのようなもの。

日本の楽団を指揮するとき、そう感じる海外の指揮者がいるそうだ。

最初から妙にまとまっていて、揉め事も少ないけど、ある時から起こる爆発力も、ピタっとハマる調和もない。

相手に合わせる文化が裏目

サッカードリブル

ドリブルがうまい選手が少ないのは偶然ではない。

世界の有名なサッカー選手には、積極的に仕掛けて相手をおびき寄せて抜き去るドリブルが多い。

日本の選手は相手の選手に合わせて、その逆を突く。これは相手次第で受動的。

だから、能動的で積極的に仕掛けるドリブルプレーが少ないと言われる。

監督の指示とピッチ上の状況判断のバランス

日本の選手はあくまで監督の戦術の指示通りに忠実に行おうとする。

それ自体はいい事だが、相手チームの予想外の動きや、押し込まれ戦術が通用せず流れを変えたい時に、この忠実さは臨機応変がない。

勇気を出して、命令を無視してでも仕掛ける選手は非常に少ない。

こういう時、例えば南米選手であれば、

「冗談じゃない、ピッチ上で戦っているのはオレたちなんだ!」

勝つことが優先か、負けても監督の指示を守ったことが優先か。

日本人ならではの悩みどころ。

全員野球と個人プレーのサッカーってホント?

サッカーを知らない人は、サッカーを個人プレーの種目だと思っているのも誤解。

フォーメーションがあって、戦術があって、ポジションチェンジやおとりや流れるような連携プレーが必要なものなのに。

欧州や南米の名選手のように、エゴイスト丸出しで決定率抜群のストライカーが少ないのはある意味仕方ない気がする。

日本では、どの分野でも突出したスーパーマンのような人間は少ない。

そこそこの実力の人間が和でもって一丸となり、総和の力以上を発揮する。

たった一人で(ゴールを)決めることは、本人も周りも観客も許していないのかも。

常に全員で競技する野球は大好きで、個人プレーのサッカーはあまり好きでないと思っている日本人は多い。

サッカーは、個人プレーなんかではなく、高度な連携プレーの求められる難しい競技。

野球に比べて、サッカーは個人プレーだけの程度の低い競技だと、国民がこう思っている限り、まだまだ向上しない。

監督の目

野球監督

女性や子供、お年寄りまで“監督の目”を持った日本人が多い野球と、オフサイドもフォーメーションも分からない日本人が多いサッカー。

海外には、熱狂的なおじいちゃんやおばあちゃんの地元サポーターがいるが、日本にはいない。

サッカー強豪国になるには、一人の指導者ではなく、国民レベルで監督の目を持つ必要がある。

プロリーグの歴史

サッカースペインリーグクラシコ

ちなみに、日本の野球のプロ化(プロ野球)は戦後、Jリーグのプロ化は30年にも満たない。欧米や南米のサッカー強豪国のプロ化は100年以上が普通。

競技の歴史ではなく、プロ化の経過年数の歴史が違う。

また、欧米や南米ではあまり野球をしないし、ましてやプロのリーグなんてない。

野球の世界一、金メダルといっても、プロのリーグのある十数カ国の中でのこと。

欧米の人には、MLBのイチローや有名選手など知らない。

逆に、200ヶ国前後の国や地域で行われるフットボール(サッカー)界。

この世でサッカーという競技をしない国はない。

ワールドカップはその中での世界一。

個人プレーに見えるメジャーな競技人口のサッカーと、みんなでプレーするように思うけどマイナーな競技人口の野球。

イチローのスーパーキャッチ

出典 http://img03.ti-da.net

イチローのスーパーキャッチ

日本のサッカーと野球まとめ

・サッカーについては、命令に忠実だが、個人プレーになってでも貪欲に点を取りに行く姿勢が薄い。

フィールドの選手が監督というマネジメント力や展開力が必要。野球は監督の駒のイメージでサイン通りにプレーすることで成り立っている。
・サッカーは超メジャーなスポーツだが日本は弱い。

所詮、50位前後のランキングをさまよっている。

・サッカーについて監督の目を持った国民は少ない。

野球については監督の目を持った日本人は多いが最近はプロリーグも代表し合いも人気は低迷し、オリンピック種目からはずされるほど、世界ではマイナーなスポーツ

・野球もサッカーもプロリーグの歴史は浅い。

・どちらも気分は一等国だが結果が出ていない。

・相手に合わて仕掛ける剣道の応じ技は得意だが、自ら能動的に動くのは苦手。

弱い相手には弱く、強豪国には善戦することがある。これも相手に合わせる相対的な行動が起こすもの。

・サッカーは野蛮な国のスポーツと思っていて、野球のように頭を使うスポーツではないと思っているが、実は戦略や戦術といった頭を使うことでも強豪国に通用していないという認識が薄い。

その他のメディア

アジアカップ伝説の試合での川口 能活(かわぐち よしかつ)の神がかりセーブは見もの



1986 FIFAワールドカップ準々決勝 アルゼンチン対イングランド

アルゼンチンとイギリスが戦争したフォークランド紛争4年後の因縁の試合。マラドーナの伝説の5人抜き(1分40秒あたり)や神の手ゴールが生まれた。



ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

StartRush
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録