bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

七夕伝説|宗像市大島は恋のパワースポット

日本辞典

七夕伝説|宗像市大島は恋のパワースポット
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

七夕信仰

国分学者の武田 祐吉(たけだ ゆうきち)氏によれば、宗像大社中津宮のある大島(福岡県宗像市)の七夕祭りを見て、日本の七夕信仰(たなばたしんこう)はここに始まると述べたとのこと。

七夕は、短冊に願い事を書き、笹の葉に飾ることが一般的。

七夕伝説

七夕伝説というのは、天の川の両側にある牽牛星(けんぎゅうせい、和名は彦星(ひこぼし)、英語はAltair)と織女星(しょくじょせい、和名は織姫(おりひめ)、英語はVega)が、年に一度7月7日に会えるというもの。

中国大陸から伝わった七夕伝説は、大島には形を変えて伝わったという。

昔、唐の国に使えに行った貴公子が、織女を伴って帰国の途中、深い恋仲となったが、 それは果敢ないかりそめの縁で、二人は日本に着いて離ればなれになった。 それから貴公子は織女を想い日々を過ごしたが、ある夜、夢枕で神のお告げを受け、筑前大島の中津宮に来て、 天の川にたらいを浮かべ、水鏡に映る織女との逢瀬を楽しみに、神仕えの身になったという

出典 http://www.munakata-taisha.or.jp

(筑前大島天の川伝説)

大島の七夕まつり

大島の七夕まつりは、鎌倉時代から行われていた伝統行事。

竹灯篭が宗像大社中津宮の境内を灯し、その数は約800。島民は700人。

天の川

宗像大社中津宮の境内に流れる一筋の小川が天の川

むなかた大島七夕まつり

その川を挟んで牽牛神社と織女神社が祀られている。

両社を併せて星の宮と称される。

天の川に注がれる清浄な水 天の真名井

昔から、男児を授かりたければ牽牛の祠に、女児を授かりたければ織女の祠に詣でるという信仰が残っており、天の川に注がれる天の真名井(あめのまない)の水で習字をすると、字がうまくなるという言い伝えがある。

天の真名井は、清浄な水に付けられる敬称だが、この大島の天の真名井は、神話に登場する。

『日本書紀』によれば、父イザナギが、海原を支配するように素戔嗚尊(すさのおのみこと)に命じたところ、スサノオは母イザナミがいる根の国(黄泉の国)へ行きたいと泣き叫び、天地に甚大な被害を与えた。イザナギは怒って「それならばこの国に住んではいけない」としてスサノオを追放。スサノオは、姉の天照大神(あまてらすおおみかみ)に言ってから根の国へ行こうと思って、アマテラスが治める高天原へと登って行く。アマテラスはスサノオが高天原を奪いに来たのだと思い、弓矢を携えてスサノオを迎えた。スサノオが、姉のアマテラスに邪心がないことを示すために、それぞれが持っている剣と玉を交換し、誓約(うけい)をしたと言われる。天照大神が素戔嗚尊の剣をとり、天真名井(あめのまない)の聖水を口に含み、その剣に吹きかけると、その噴霧の中から三人の女神が誕生した。これが宗像三女神。

大島は恋のパワースポット

大島はかつて大陸を結ぶ海の道の要所だったので、航海中に立ち寄った男たちが天の川を前に、郷土に残してきた愛しい人を想う気持ちが七夕伝説になったとも言われている。

2014年は、「結婚報告祭」が開催された。

中津宮で永遠の愛を誓う「結婚報告祭」

宗像市大島は、恋のパワースポットなのだ。

その他のメディア





ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ